◆古布につきまして。


古布とは昭和初期までに使用されていた着物や布を指します。


古くは平安鎌倉時代からの物もあります。

古裂(こぎれ)と呼ばれることもあります。

麻や木綿などの植物繊維からできた織物は布と呼び、絹からできた絹織物は帛(はく)と呼びます。

洋服、小物に古布を利用することが、密かなブームになっています。

帯なども含めて古布と呼ぶ場合があります。


懐かしい柄の古布
     懐かしい柄の古布

戻る