腕時計。


◆腕時計を高価で売るコツ。


腕時計の買取りをしてもらう場合のポイントをご紹介いたします。

どんな時計でも買い取ってもらえるわけではありません。

1万でもしない値段で売られているような時計は対象外と思ってください。

一般的に買取りの対象になる時計は、いわゆる有名ブランドの時計や、貴金属がふんだんに使用されているものや、骨董的な価値のある時計に限られます。

ブランドで言えば、ロレックス、オメガ、ブライトリング、カルチェなどの製品です。

★最低限必要なこと

箱やギャランティカード、ベルトのコマなどは付属させる。

時計ケースは劣化するのが早い為湿気には注意する。

ベルトを調整した際に外したコマが無い場合、買取り価格が下がる場合もあるります。

金属のベルトは簡単に掃除すると印象が良くなります。

限定品などの場合、証明書などもついているので確認して下さい。

中古で付属品なしの場合、メーカーの修理証明書などがあると査定額もアップします。

電池式(クオーツ)で止まっているものは値段が安くなります。

また事前にオーバーホールや修理を行っている場合はその証明書などがあると買取り価格がアップすることもがあります。

■売るタイミング。


もう使わないなー」と思ったときが一番の売り時です。

現在の流行サイクルはめまぐるしく速くなっており、価値も下がっていく一方ですので、すたれる前に売ることが高く売るコツです。

有名ブランド品は海外っ製品がほとんどですので、為替が大きく影響します。

(特にロレックスは新品でも中古でも為替に影響されるブランドです)。

逆に品物が市場に溢れているモデル、需要の少ないモデルなどは為替に関係なく下がる傾向にあります。

よく下取り価格は高いといわれますが、最近では下取りも買取りもあまり価格差はなくなりつつあります。

■どこに売るか。


現在は、多くの業種の業者が買取りを行っていますが、有名店が高く買い取るわけでは無く、かえって他よりかなり安くなるというケースもあります。

それぞれの業者の強い分野の商品であれば高くなるのです。

ですから派手な広告などに惑わさずに、複数の業者に査定してもらうことが肝心です。

■高くなる状態。


買取りの際に一番確認するのがコンディションで、機械の精度、外装の程度、ベルトの劣化、ガラスの欠け、ガラスのコーティング剥がれ、ダイヤルのシミ、傷などを見ますので自身でもできる範囲で確認しておきましょう。

擦り傷は査定にはほとんど影響はありませんが、打ち傷(打痕)は査定額に影響しやすくなります。
複雑な機能の時計は修理に時間がかかったりメーカーじゃないと出来ない修理もあるので機械の精度が悪いとマイナスポイントなります。


ロレックスの腕時計
     ロレックスの腕時計


戻る