◆アンティーククレクションの魅力につきまして。


◆アンティークブーム


昭和50年頃になって、日本には徐々に西洋の生活様式が入り始めました。

昭和60年代には、いわゆるバブル経済が開花し、国民の懐も豊かになると「骨董」が再認識されるようになりました。

テレビでも「開運!なんでも鑑定団」という番組の影響もあって、「骨董」はファッションになったのです。

元来骨董と言えば、日本、朝鮮、中国などのアジアの品物を指していましたが、バブル期になって西洋の骨董に興味を持つ方が増えてきました。

一般的には「西洋アンティーク」と呼ばれているものです。

文字道理、西洋の骨董品を蒐集することで、食器、人形、ガラス器、絵画など、多岐に渡っています。

このコーナーでは、人気の西洋アンティークをご紹介いたします。

●陶器。


★マイセン。

1820年ドイツ東洋からもたらされた白磁は、17世紀ごろの西洋社会では憧れの芸術品でした。

各国が競ってその製造開発に乗り出し、ザクセン選帝侯兼ポーランド王のアウグスト2世も錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを幽閉し、白磁を作るように命じました。

ベトガーは物理学者・数学者・哲学者エーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウスらの協力を得て、1709年にザクセン・フォークラント地方のアウエ鉱山のカオリンを原料とした白磁の製造に成功した。アウグスト2世はこれに大満足し、西洋磁器の歴史の幕が開けました。

翌1710年、ドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、硬質磁器製造の独占権が与えられました。
これが現在の「国立マイセン磁器製作所」の始まりです。

数ヵ月後に磁器工場は25km離れたエルベ川沿いのマイセン地方・アルブレヒト城の内部に移され、厳重に機密が保持されました。

また、同年1月23日には「ザクセンでは今や東インドと同等の磁器の製造が可能になった」という布告が出ています。

なお、ベトガーは幽閉を解かれることなく、ただちに染付の複製を命じられた。しかしベトガーはこれを果たすことなく37歳で亡くなりました。

近年の研究では、チルンハウスは1704年に既に磁器の焼成に成功していたのではないかとも考えられています。


優雅なマイセン
      優雅なマイセン

1 2 3 4 5 6